2010年06月07日

やさし砂いらずの口コミ

やさし砂いらずの口コミがYahoo掲示板に書かれていましたのでご紹介しますね。

まず、「雑草対策にホントおすすめです」というスレッドがありました。


実際にやさし砂いらずを使われた方が使った感想を書かれています。

次に「名前はやさし砂鎌いらず」というスレッドがありました。

こちらでは、このやさし砂鎌いらずの使い方などを会社に問い合わせをした方がいらっしゃって
とても親切にお答えくださったということが書かれていました。

サポート面などはよさそうですね。

次に、「雑草皆さんどうしてますか? 」「古い土の利用」というスレッドで

やさし砂鎌いらずについての記事が書かれていたのですが
記事によりますと、
「早速使いました。10年以上はぜんぜん雑草が生えないみたいですよ。今年から雑草に困らなくなりました。 」
という書込みがありました。

10年以上というのは、実際に、この製品が発売してからまだ10年たっていないでしょうから、
本当のことはわかりませんが、
実際に使った方が、確実に効果があるという書き込みはあるようですね。


関連過去記事
やさし砂 鎌いらずとは?
やさし砂 鎌いらずQ&A
posted by まこ at 07:00 | Comment(2) | やさし砂いらずの口コミ

やさし砂かまいらずのひび割れ対策は?

やさし砂かまいらずを使う場合、ひび割れの可能性があるようです。
ひび割れがあると、そこに余分な土や、砂が入り
雑草が生えることがあり、心配ですよね。

公式ページには、ひび割れの対策方が記されていました。

・質問
ひび割れしますか?

・解答
商品の性質上、若干の収縮がある為、ひび割れの可能性はあります。
対策として目地を入れる事をお勧めします。
歩道や駐車場では、下地に砂利などを固く締めてからご使用ください。

目地を入れてください、と書いてありました。
ちなみに、ひび割れや石、れんがなどで
細かい隙間を充填するために、注入用材料として用いるセメントペーストのことを言います。
ネットだと目地用樹脂モルタルとかで売られています。
posted by まこ at 06:11 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月06日

やさし砂かまいらずはヒートアイランド現象につながる

ヒートアイランド現象というものがあります。
都市部の気温がその周辺の郊外部に比べて異常な高温を示す現象で、
高温により自然環境が影響を受け、住民の生活や健康にも影響を及ぼすことから、
ニュースなどでもよく取り上げられています。

やさし砂かまいらずは、そのヒートアイランド現象を和らげる効果があると
聞いたことがありますが、いったいどういうことなのでしょうか。

こちらも公式ページに書いてありました。

・質問
どうしてヒートアイランド現象の緩和につながるの?

・解答
本商品は保水性に優れ、含んだ水分が太陽熱などで蒸発する際の気化熱効果で温度が下がります。
昨今、都市部でよくみられる打ち水と同じ効果があります。


打ち水は昔からよく行われており、祖母もよく打ち水をやっておりました。
昔の人の知恵ですね。
やさし砂かまいらずには、上記に書いたような効果があるということで
ヒートアイランドの緩和につながると言われているようです。
posted by まこ at 21:46 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂かまいらずの成分で危険なものは入っていないかの確認

やさし砂かまいらずは市販されているものなので、
危険なものは入っていない、
と信じたいものですが、
しかし実際に売られているものが
国が決めた基準に達しているのか、
というのは気になるものです。

会社そのものが危険なものが入っていないと思っていても
第三者の専門機関の審査が入っていなければ意味がありません。

その辺りのことも公式ページに書いてありました。

・質問
有害な成分は入っていませんか?

・解答
環境基準(環境省告示第59号)を満たしており、有害物質は含んでおりません。
但し、本製品の粉末は粒子が細かいため、
取り扱いの際には適切な保護具(ゴム手・マスク等)を着用してください。


環境省の基準を満たしていることが明記されています。
やはり安全なものは国の基準を満たしていたほうが安心して
使用することができますよね。
posted by まこ at 21:15 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月05日

やさし砂かまいらずの保存期間は?

やさし砂かまいらずを買ったはいいが、
仕事が忙しかったり、私用が入ったりで
すぐに庭の施行ができないということもあるでしょう。

早く使わないと、固まってしまうのでは?
と心配されることもあるかと思います。

開封してしまえば、すぐに使わないといけないのはわかりますが
開封前であれば、どの程度、やさし砂かまいらずは持つのでしょう。
疑問に思いました。

質問と答えが公式ページに掲載されていました。

・質問
開封前、「やさし砂 鎌いらず」の保存期間はどの位ですか?

・解答
湿気の少ない場所で3ヶ月〜6ヶ月程度可能です。雨にあたると固まってしまうので保管には注意が必要です。


保存する場所によれば、半年近く持つようです。
湿気が多い場所に一時保管する場合は
市販の湿気とりと併用するとよいかもしれませんね。
posted by まこ at 23:35 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂かまいらずの寿命は?

せっかく買って、作った庭。
しかし、雑草対策として綺麗に整えた庭も
毎年やさし砂かまいらずを使ったら、
費用も結構かかります。

いったい、どの程度、やさし砂かまいらずは持つのでしょう。
どの程度の寿命で取り替えるべきなのでしょうか。

購入を考えている方は、気になるところです。

これも公式ページに掲載されていました。


・質問
施工後、「やさし砂 鎌いらず」は何年位もちますか?

・通常使用の場合で約10年となります。

上記のように書かれていました。
使用する場所によっても、多少の寿命は違うでしょうが、
10年も持つのであれば、とりあえずは安心ですよね。
posted by まこ at 22:52 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂かまいらずの保水力は?

雨が降ったときなどに、庭の状態って気になりますよね。
もし、雨を吸い込むことができなければ
せっかくの庭も雨でぐちゃぐちゃになってしまいます。

やさし砂かまいらずは、水を吸い込むことができるのでしょうか?
結論から言うと、できるようです。

公式ページにやさし砂かまいらずの保水力について書かれているページがありました。

・質問
「やさし砂 鎌いらず」はどのくらいの保水力があるの?

・解答
厚さ5cmで1m2あたり、約8リットルもの水を貯留することができます。


このことから、やさし砂かまいらずにはある程度、水を吸い込む力があることがわかります。
posted by まこ at 22:21 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂かまいらずを「駐車場」として使用する場合

やさし砂かまいらずは使用する場所によって違う
使用用途が「駐車場」の場合
4.8袋/m2で使用。厚さは約6cm、ということを書きました。

こちらも、詳細について見てみますね。

面積が1uの場合、4.8袋を使用するようで、
価格にすると15,360円かかり、
面積が7m2の場合、33.6袋を使用するようです。
価格にすると100,800円かかり、
面積が15m2の場合、72袋を使用するようで、
価格にすると216,000円かかります。

このことから、雑草対策や歩道よりも
駐車場で施行するのが、一番やさし砂かまいらずが
量がいるということがわかりますね。
posted by まこ at 21:48 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月04日

やさし砂かまいらずを「歩道」として使用する場合

使用用途が「歩道」の場合
4袋/m2で使用。厚さは約5cmm、ということを書きましたが、
こちらも詳細を見てみましょう。

面積が1uの場合、4袋を使用するようで、
価格にすると12,800円かかり、
面積が7m2の場合、28袋を使用するようです。
価格にすると84,000円かかり、
面積が15m2の場合、60袋を使用するようで、
価格にすると180,000円かかるようです。

雑草対策で施行するより、歩道でやさし砂かまいらずを使った邦画
使用量が多く、結果的に価格も高くなってしまうことがわかりますね。
posted by まこ at 06:20 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂かまいらずを「雑草対策」として使用する場合

やさし砂かまいらずは使用する場所によって違う
書きましたが、使用用途が「雑草対策」の場合
3.2袋/m2で使用。厚さは約4cm、ということを書きました。

詳細について見てみると、
面積が1uの場合、3.2袋を使用するようで、
価格にすると10,240円かかるようです。
面積が7m2の場合、22.4袋を使用するようで、
価格にすると67,200円かかり、
面積が15m2の場合、48袋を使用するようで、
価格にすると144,000円かかるようです。

やさし砂かまいらずを雑草対策として使う場合に
どのくらいの費用がかかるのか、
自分の家の庭と比べてみると参考になりますよね。
posted by まこ at 05:34 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月03日

やさし砂かまいらずは使用する場所によって違う

やさし砂かまいらずを利用するとき
どんな場所でも同じ量を適用すればよいと思っていたのですが
実際は違うようです。

公式ページに、使用場所と使用量の目安が書かれていました。

・質問
「やさし砂 鎌いらず」の使用量の目安は?

・解答
以下の表を参考にしてください。(使用量はあくまで目安です。)

使用用途が「雑草対策」の場合
3.2袋/m2で使用。厚さは約4cm

使用用途が「歩道」の場合
4袋/m2で使用。厚さは約5cm

使用用途が「駐車場」の場合
4.8袋/m2で使用。厚さは約6cm

これはタメになりますねー
さらに、別ページにやさし砂 鎌いらずを使うにあたって雑草、歩道、駐車場の詳細が書かれていたので
次回はそちらを掲載しようと思います。
posted by まこ at 23:25 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂 鎌いらずを人が歩く部分に使うときの注意は?

やさし砂かまいらずは、水を使って固めますが
当然使用直後に踏んだりしてしまうと
うまくできません。

他にもやさし砂 鎌いらずを注意する点があるようです。
例えば、人が歩くところにどうしても雑草を生やせたない場合がありますよね。
こういう場合は何に注意をすればよいのでしょう?
公式ページに載っていました。

・質問
人が歩く部分に「やさし砂 鎌いらず」を使う場合の注意点は?

解答
歩道や駐車場では、下地に砂利などを固く締めてからご使用ください。
また、先に下地に水を撒いておくとより楽に作業できます。


下地に水をまいておくと、良いみたいです。
お客様など通るところに使う場合は
施行法もこの辺りに注意すると良いかもしれません。
posted by まこ at 22:50 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

寒い地域でやさし砂 鎌いらずは使用できる・できない?

やさし砂 鎌いらずが固まる時間は?
で、書いたのですが
水をまいてから、やさし砂かまいらずが固まるまで
通常1〜2日程度で、冬場や気温が低い時期は3〜5日、
ということを書きました。

つまり、寒い季節では、固まるのに時間がかかるということですが
寒い地域では、やさし砂かまいらずを使うことができるのでしょうか?

こちらも公式ページにQ&Aがありました。

・質問
寒冷地域ですが「やさし砂 鎌いらず」は利用できますか?

解答
地表温度が5度以下になる時は施工しないでください。
また、凍害のひどい地域では下地に砕石を入れてください。

と書かれていました。
施行のタイミングとして、5度以下はダメということなので、
日本で使う分には、どの地域でも夏や秋に施行する分には問題なさそうです。
posted by まこ at 22:13 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月02日

やさし砂かまいらずのヒビ割れ対策

せっかく雑草対策のために
やさし砂かまいらずを使ったのに
ヒビがはえて、そこから雑草が生えてきたら悲しいですよね。

公式ページのQ&Aに
やさし砂かまいらずを使うときの
ひび割れ対策が書かれていました。

・質問
目地(ひび割れ防止)には何を利用しますか?

・解答
弊社で施工依頼を受けた場合は、通常レンガ等を利用します。
その他、木等でも問題ありませんので、
いろいろ試して、あなただけのコーディネートを探してみて下さい。

とのことです。
ちなみに、施行依頼は
京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県について行っていると書かれていました。
posted by まこ at 06:40 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂 鎌いらずが固まる時間は?

やさし砂 鎌いらずを使うには水をまいて
それから固める必要がありますが
実際のどのくらいの時間がかかるのでしょう。

公式ページに質問と回答が書いてありました。


・質問
「やさし砂 鎌いらず」に水を撒いてからどの位の時間で固まりますか?

・解答
季節にもよりますが、通常1〜2日程度で人が乗っても大丈夫な強度が出ます。
冬場や気温が低い時期は3〜5日様子をみてください。

とのことです。
時期によって固まる時間が違うようですね。
冬場の方が固まりにくいようで、多めに時間をとったほうがよさそうです。
posted by まこ at 05:53 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年06月01日

やさし砂鎌いらずに水をまくコツは?

やさし砂鎌いらずの公式サイトの
Q&Aに水まきに関する
質問と解答がありました。

・質問
「やさし砂 鎌いらず」に水を撒く際のコツはありますか?

・解答
バケツで水を撒いたり水道のホースから直接水を撒くと、
砂が飛ばされてしまいます。
綺麗に仕上げるためには、霧を発生させる噴霧器がベストです。
シャワーのついたホースやジョウロでも代用できますが、
ゆっくり水を撒いてください。

とのことです。

家の庭に、水道がついている方もいらっしゃると思いますが
そのまま水をまいてはいけない、ということですね。

ネットで水道にシャワーをつけるものがないか探したところ
キッチンに使うものですが
首振り節水キッチンシャワー ホース付というのが
2680円で売られていたので、このようなものを
庭のホースにつけて使うのもよいかもしれませんね。
posted by まこ at 06:26 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂鎌いらずを使う前に雑草を抜くほうがよい?

やさし砂鎌いらずの公式サイトに
Q&Aがありまして、
そこにこんな質問と解答がありました。

・質問
雑草は施工前に抜いたほうがいいですか?

・解答
雑草は根まで取り去ってください。根などが残っている場合、
非常に強い種類の草(アスファルトを破る雑草等)では、
本商品を突き破って生えてくる場合があります。


やさし砂鎌いらずを使う事前準備として、
雑草は完全に取り除く必要があるようで

公式サイトを見てもわかるように
やさし砂鎌いらずは使えば、絶対に雑草が生えてこなくなるというものを保証するわけではなく
事前準備として、雑草を取り除く必要があることがわかります。
posted by まこ at 05:53 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

2010年05月28日

やさし砂 鎌いらずQ&A

前回、雑草対策で販売されているやさし砂 鎌いらずとはどういうものかという話を書いたのですが
(過去記事「やさし砂 鎌いらずQ&A」を参考のこと)
公式サイトのの方に載っていましたので
少しご紹介しようと思います。

以下、やさし砂 鎌いらず公式サイトQ&Aより引用。




Q.
「やさし砂 鎌いらず」に水を撒く際のコツはありますか?

A.
バケツで水を撒いたり水道のホースから直接水を撒くと、砂が飛ばされてしまいます。
綺麗に仕上げるためには、霧を発生させる噴霧器がベストです。
シャワーのついたホースやジョウロでも代用できますが、ゆっくり水を撒いてください。

Q.
「やさし砂 鎌いらず」はどのくらいの保水力があるの?

A.
厚さ5cmで1m2あたり、約8リットルもの水を貯留することができます。

Q.
「やさし砂 鎌いらず」の使用量の目安は?

A.
以下の表を参考にしてください。(使用量はあくまで目安です。)
雑草対策 約4cm/m2(約 3.2袋/m2)
歩道 約5cm/m2(約 4袋/m2)
駐車場 約6cm/m2(約 4.8袋/m2)

Q.
人が歩く部分に「やさし砂 鎌いらず」を使う場合の注意点は?

A.
歩道や駐車場では、下地に砂利などを固く締めてからご使用ください。
また、先に下地に水をまいておくとより楽に作業できます。
posted by まこ at 06:25 | Comment(2) | やさし砂鎌いらずについて

やさし砂 鎌いらずとは?

今まで一般的な雑草対策の話をしてきたのですが、
(各除草のメリット・デメリットは過去記事
手取り雑草除草剤機械除草生物除草を参考のこと)
どの除草方法にも、メリットがある一方、デメリットも浮かび上がっていますよね。

そこで私が、ネットで探して目についたのが
という雑草対策製品でした。

私が一番、雑草をとるときに大変だなと思うのが、手で雑草をとる手取り雑草で、
本当に手で雑草を駆除するのって大変なんですよね。
それに、除草剤はやっぱり安全面で怖い気がしますので、
楽にできて、しかも除草剤を使わない方法はないのか調べていたのですが

このやさし砂鎌いらずは、TVの「痛快!買い物ランド!」という番組でで梅宮辰夫さんや山田邦子さんが
紹介しているものらしく、
愛・地球博でも使われていたそうで、
TV放映、愛・地球博、雑草対策などで、とても売れているという記事を見て
へぇ、そんなのあるんだなと思って、やさし砂鎌いらずのページを見てみたのがきっかけでした。

雑草が生えてこない原理としては、
またやさし砂鎌いらずの成分は、90%以上が砂や土で出来ていて、
このやさし砂鎌いらずに、水をかけるとコンクリートのように硬くなるので、
雑草が生えてこなくなるため、草むしりをする必要がなくなるそうなのです。

また天然の資源でできているため、産業廃棄物になるセメントやコンクリートとは違い、
不要になったら土に戻すことができるというメリットもあるようですね。

使い方としては、まず事前に雑草やゴミを乗り除き、凹凸にした後、
やさし砂鎌いらずを均一に敷き、コテなどで平らにして、
あとはまんべんなく水をまく、この方法でよいようです。

乾燥して固まったら完成のようで、使い方としてはとても簡単ですよね。

私がサイトを見て、唯一欠点だなと思ったのが
5袋セット(1袋20kg)で15000円と、決して安くない買い物なので
値段がちょっと安くはないかなとは思いましたが
公式サイトのの方に、実際に写真を使って、
雑草対策をしている写真もありましたのでイメージもとてもよくわきましたし
実際にこのやさし砂 鎌いらずを使った作品紹介という、実際に使用した人の声と写真が
「DIY 作品紹介/作品募集」のところに、載っていましたので、
興味がある方は、見てみてはどうでしょうか。


・やさし砂 鎌いらずのメリット
手で雑草をとる労力は最初の一度のみ、除草剤を使う必要が無い。
TVで放送されたり、愛・地球博でも使われたらしい

・やさし砂 鎌いらずデメリット
5袋セット(1袋20kg)で15000円なので、安い買い物ではないかも?
posted by まこ at 06:20 | Comment(0) | やさし砂鎌いらずについて

雑草対策 化学除草

雑草対策として、やさし砂鎌いらず以外に
化学除草があります。

これはイメージがつきやすいですね。
よく耳にするのは、除草剤で雑草を枯らす方法で
当サイトでも、以前とりあげたことがあります。

もう雑草を生えてこないようにする方法で
現在では最も一般的な方法で広く用いられている方法ですが
薬によって、他の生物に影響を及ぼすことがあったりして
完全な除草としては言い切れないところです。

参考URL
http://www.japr.or.jp/zasou/index.html
posted by まこ at 06:18 | Comment(0) | 一般的な雑草対策